2013年7月22日(月)、GC HELLO TREND MASTER®に搭載の「オートモード」が新しくなります。玄人投資家や証券マンにも使われているこのソフトは、多機能かつ高度な分析を行うことができると好評ですが、…… 続きはこちら

(2013/7/12更新)
 

オートモードは、「Step1」から「Step4」まで、4つの登録画面で構成されています。この4画面に登録される内容によって、あなたの投資の個性が決定され、同じシステムを使う他の人たちとは違う行動をとることができるのです。投資は流れに…… 続きはこちら

(2013/7/19更新)
 

オートモードは、「最適化売買サイン」を用いて投資判断分析をしています。GC HELLO TREND MASTER®の中で、最適化売買サインは最も信頼性の高い「売買サイン」です。これを用いることで、精度の高い投資支援ツールとなっているのです…… 続きはこちら

(2013/7/26更新)

今回は、オートモードの画面「Step2/4」についてご説明しましょう。ここでは、「Step1/4」の条件で抽出された銘柄を最適化売買サインで分析した結果が提示されます。この段階で、私たちは、勝率が低いものや損益率の悪い銘柄を外して…… 続きはこちら

(2013/8/2更新)
 

これまでオートモードの操作画面2つをご説明しました。今回は「Step3/4」を見ていきましょう。4画面のうち3つめまで進んできたということは、終わりが近いということですね。早い方であれば、Step1〜4までを数分の作業で…… 続きはこちら

(2013/8/9更新)
 

「Step4/4」は、オートモードの条件設定の最終画面です。この作業を終えると、一連の銘柄選びが終了します。 Step1〜3では、投資家の皆様個々のアイデアを条件に登録していただきました。あなたの投資方針を考慮した…… 続きはこちら

(2013/8/16更新)

これまでオートモードで銘柄を選びだす方法をご説明しました。「Step1/4」〜「Step4/4」の4画面を用いると、投資家の皆様それぞれ独自の候補銘柄をグループ化できることがお解りいただけましたか…… 続きはこちら

(2013/8/23更新)
 

オートモードで投資するためには、最適化売買サインの性格を知らなければなりません。 ゴールデン・チャート社では、最適化売買サインを1つの投資手法と考えています。誰もが投資する上で必ず…… 続きはこちら

(2013/8/30更新)
 

GC HELLO TREND MASTER®の中で簡単に使える自動トレード機能、それがオートモードです。あらかじめ指標の分析方法を学習してから使う必要がないということで「初心者でも使える分析ツール…… 続きはこちら

(2013/9/6更新)

オートモードは株式投資に初めて挑戦する方に使っていただくことを念頭に作りこみました。まずは、簡単に直感的に操作できること。でも、その簡単な操作の後に得られる投資方針は、優れた成果へ…… 続きはこちら

(2013/9/13更新)
 

オートモードは様々な投資スタイルにフィットするように設計されています。起動された最初の画面から、いくつかの条件を要求してきますね。これに答えることで、あなたの求める投資スタイルに沿った…… 続きはこちら

(2013/9/20更新)
 

前回は資金戦略について解説しました。その原稿を読んだゴールデン・チャート社のスタッフが「え?今回のテーマはStep1/4のたった1項目だけ?」と驚いていました。そうですね。驚かれる…… 続きはこちら

(2013/9/27更新)

オートモードの設定画面はとてもシンプルです。しかしそのボタン1つ1つをクリックしていただくことで、万人向けの汎用ソフトであるオートモードが、あなただけの仕様に個別化する役割を担う、…… 続きはこちら

(2013/10/4更新)
 

今回は、オートモード Step1/4の「投資スタンス」について考えていきましょう。画面下をご覧ください。「どのような売買を希望しますか?」という選択肢です。オートモードでは、ここで投資スタンスの設定…… 続きはこちら

(2013/10/11更新)
 

今回は、オートモードStep1/4の最後の項目についてお話しましょう。最後は右下にある項目「取引の方法は?」です。今回も選択肢はシンプルです。3つしかありません。上から見ていきましょう…… 続きはこちら

(2013/10/18更新)

先週まで5週に分けてオートモード「Step1/4」についてお話しました。「感覚的に条件を選ぶ」この機能ですが、「どのボタンを押すか」でその後、各々の投資家様がたどる投資の道程は全く違う…… 続きはこちら

(2013/10/25更新)
 

世の中見渡すと、株式投資の世界に限らず「複雑なサービスからは、高度な情報を得ることができ、簡単サービスからはレベルの低い情報しか得られない」という傾向があります。確かにそうですね。意図的に…… 続きはこちら

(2013/11/1更新)
 

前回から、オートモード「Step2/4」についてお話しています。前回は「勝率」でしたね。 Step2/4は、オートモードが最適化売買サインで分析した銘柄候補(ここではまだ名前は見えません)より、あなたが…… 続きはこちら

(2013/11/8更新)

今回からオートモードStep3/4の画面を見て行きましょう。投資家の皆様が一番知りたいこと、それは「銘柄」ですね。お待たせしました。ここでは、あなたが選んだ条件に基づいた銘柄がズラリと出てきます…… 続きはこちら

(2013/11/15更新)
 

オートモードStep3/4は、これから投資する銘柄を決める場です。専門用語では、ポートフォリオを作成すると言います。銘柄選びの最終局面です。そのため、Step1/4や2/4のように感覚的にクリック…… 続きはこちら

(2013/11/22更新)
 

先週まで、オートモードStep3/4での銘柄選びに関するポイントを解説してきました。しかし、オートモード上の操作がわからないと、知りたい情報を得ることはできませんね。今回は、操作についてお話しましょう…… 続きはこちら

(2013/11/29更新)

オートモードStep3/4も4回目の解説となりました。「Step3/4」は、皆さんが銘柄を決める場であります。「考え方」についてご理解をいただいたところで、操作方法も覚えてください。直観的に動かせる…… 続きはこちら

(2013/12/6更新)
 

前回は、オートモードStep3/4の検索項目についてご説明しました。GC HELLO TREND MASTER®の「検索機能」では、ご自身で条件を細かく登録していかなければなりません。投資分析に熱心な…… 続きはこちら

(2013/12/13更新)
 

私たちは有料サービスを見つけると「これは便利!」でも、「もうちょっとお金のかからない安価なサービスで、同じだけの機能が使えるものがないかな?」と探すものです。例えば、今や新聞をとらなくても…… 続きはこちら

(2013/12/20更新)

オートモードStep4/4には、2つの項目があるというお話を前回しましたね。Step1/4〜3/4までは、分析に関する行程であったために、各画面ともに項目数がStep4/4より多くありました。しかし、Step4/4は…… 続きはこちら

(2013/12/27更新)
 

オートモードStep4/4では、分析した銘柄を「登録することができる」とご説明しました。上段では「銘柄を分析するためのグループ登録」を行うことが可能です。オートモードで分析した銘柄を…… 続きはこちら

(2014/1/10更新)
 

オートモードは、ゴールデン・チャート社の投資手法を詰め込んだサービスです。投資スタイルは3種類からお選びいただけますが、ここにはないスタイルで投資されたい方にはお役に立てません…… 続きはこちら

(2014/1/17更新)

GC HELLO TREND MASTER®には、たくさんの銘柄分析機能があります。その中で特にオートモードを取り上げている理由、それは何でしょうか。オートモードには、特設サイトがあります…… 続きはこちら

(2014/1/24更新)
 

オートモードで用いる売買サイン、それは最適化売買サインです。「オートモードで分析した銘柄の最適化売買サインのチャートを見たい!」ということもあるでしょう。もちろん、ご覧いただくことができます …… 続きはこちら

(2014/1/31更新)
 

今日は、株価の動きについて考えてみましょう。株価の動きはチャートをご覧いただければわかる通り、上がったり下がったりとまるで波を打つように上下に動いています。横一直線というチャートは …… 続きはこちら

(2014/2/7更新)

前回は株価の動きについて考えましたね。「株価の動きは株価に聞け」という相場格言にもあるように、先輩投資家の時代から、株価のチャート、更にはそれらを用いて分析する「テクニカル分析…… 続きはこちら

(2014/2/14更新)
 

前回分をご覧いただくと、「好業績発表に反応して売買した人が全員高値掴みになるというわけです。」という文章がありました。投資経験のある方やカンの鋭い方なら、「ファンダメンタルズ分析…… 続きはこちら

(2014/2/21更新)
 

オートモードは、ゴールデン・チャート社オリジナルの「最適化売買サイン」を用いて売買サインをご提示します。たくさんある銘柄の中から、投資対象銘柄を選び出すというような、投資実務作業に…… 続きはこちら

(2014/2/28更新)

相場が低迷した時、あなたならどうしますか? 投資家の考えは、大きく2つあります。1つは、「相場が良くなるまでちょっとお休みしようか」という考え方です。「私も同じ!」と納得される方も…… 続きはこちら

(2014/3/7更新)
 

2014年からNISAがスタートしました。これから投資を始めようという方なら、「私は初心者投資家なので、まずはNISAからかな?」と思っておられるかもしれません。他にも「株主優待のいい銘柄のみ…… 続きはこちら

(2014/3/14更新)
 

2014年3月、「最適化売買サイン」が大幅に機能強化され、”新”最適化売買サインとして、GC HELLO TREND MASTER®に搭載されました。新機能の最大の特徴は、これまでの…… 続きはこちら

(2014/3/20更新)

GCV(ゴールデンチャートベクトル)は、ゴールデン・チャート社オリジナルのテクニカル指標です。世の中には、たくさんのチャートがありますが、GCVが掲載されているチャートは…… 続きはこちら

(2014/3/28更新)
 

GCV最適化サインによる売買判断は、リアルタイムではなく終値ベースです。よって、「GC HELLO TREND MASTER®」でご提供している「オートモード」の売買判断も同様に終値ベースに…… 続きはこちら

(2014/4/4更新)
 

私たちは、幼い頃から勉強をしてきました。ひらがなを覚える、漢字を覚える、計算ができるようになるなど、いろいろなことを学びましたね。先生は、覚え方を丁寧に教えてくれたものです。例えば…… 続きはこちら

(2014/4/11更新)

大学院などで、株式投資のためのファンダメンタルズの学習をすると、将来の企業業績を分析することを教わります。5年後、10年後の業績を自分で分析するのです。そして今の株価を見て割安かどうか判断し…… 続きはこちら

(2014/4/18更新)
 

今年は、パソコンを買い替えられた方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。パソコンは、OSが変わると、使い方も変わります。例えば、「これまで慣れ親しんだ場所にあったはずの、電源を切る…… 続きはこちら

(2014/4/25更新)
 

世の中には、いろいろな「ランキング情報」があります。例えば「一度は行ってみたい旅先トップ10」というようなランキングは、よく目にしますね。「トップ10」というテーマなら、10のエリアが掲載され…… 続きはこちら

(2014/5/2更新)

私たちは、毎日食事をして暮らしています。食品には、おいしく安全に食べることができるようにと「賞味期限」や「消費期限」があります。これを守らないと、せっかく美味しく安全に食べることができる食品でも…… 続きはこちら

(2014/5/9更新)
 

投資初心者は、いろいろな本を読んだり情報を調べたりするものです。「成功者の体験談」を目にし、「私もこうなりたいものだ」と夢を膨らませます。ここで断定的に書けるそのわけは、こんな風に…… 続きはこちら

(2014/5/16更新)
 

「業績が良くなる銘柄に投資する」というのがファンダメンタルズ分析の「常識」です。そうですね。「業績が良くなる会社は株価が上昇する」と考えるわけです。よって、ファンダメンタルズ分析においては…… 続きはこちら

(2014/5/23更新)

「投資家」の皆さんを見ていると、いくつかのライフスタイルがあります。1つは「1日中相場をずっと見て売買する専業投資家」。そしてもう1つが、「何かをしながら投資もする兼業投資家」です。…… 続きはこちら

(2014/5/30更新)
 

GCV最適化サインは、売買サインです。「買いタイミング」と「売りタイミング」を教えてくれるので、とても便利です。銘柄を決めれば、あとはサインが点灯するのを待つだけですからね。そこで1つだけ注意…… 続きはこちら

(2014/6/6更新)
 

株式投資で銘柄を買う場合、ショッピング感覚で買ってはいけません。みなさんが、街のお店に行き、あなたの大好物が普段はセールしないのにその日だけセールしていたら……。「なんて今日はラッキーな日…… 続きはこちら

(2014/6/13更新)

私たちは、なにか新たなことに挑戦する時、まずは理論を学んでから実践に入ります。例えば、海に潜る「ダイビング」を考えてみましょう。どのように海中で呼吸するのか、海中では話せませんから、トラブル時…… 続きはこちら

(2014/6/20更新)
 

誰もが今や携帯電話・スマートフォンを持つ時代です。そして、そのモバイルを私たちは片時も手放しません。外出時に必ず持ち歩くものと言えば、以前は「お財布・家の鍵・ハンカチ」等でしたが、今では…… 続きはこちら

(2014/6/27更新)
 

私たちは日常的に多くの企業と接するものです。朝起きて、朝食を取ります。食卓には、様々な企業が提供する食品が並びます。「牛乳とパンとサラダだけ」というシンプルな食事でも、乳製品を加工・販売する…… 続きはこちら

(2014/7/4更新)

株式投資に必要な七つ道具、それは「投資資金」「取引する証券会社」「分析する知識」「投資戦略」、そして「株価分析ソフト」ではないでしょうか。いくら投資資金が潤沢にあっても、戦略がなければ大損するばかり…… 続きはこちら

(2014/7/11更新)
       
投資な毎日 動画でゴールデン・チャート社の「売買サイン」を学ぶ
お問い合わせ
Copyright © 2013-2015 Golden Chart Co., Ltd. All Rights Reserved.
マニュアル