ゴールデン・チャート社はここまで公開します!
2011年〜直近まで「最適化売買サイン」で投資したらこの結果が得られた!
※2014年3月よりGCVによる最適化売買サインは「GCV最適化サイン」に呼称変更しました。
時間を有効に使う投資スタイル
play

最適化売買サイン:39〜1500日の8期間で検証した成績/
 
(2013/4/15収録)
play

最適化売買サインで投資した場合の成績は?
 
(2013/4/5収録)
play

最適化売買サインの検証期間を156→1500本にすると?
(2013/4/1収録)
play

【HELLO OPTICAST】最適化売買サインの周期の見直し!
(2013/3/29収録)
play

【HELLO, OPTICAST】最適化GCVの周期見直しを行います
(2013/3/26収録)
play

Surfaceで、株式投資情報をチェックしよう!/ゴールデンチャート社
(2013/3/15収録)
play

【GC OPTICAST】好パフォーマンス銘柄リストが変わる!
 
(2013/3/13収録)
play

【GC HELLO】最適化売買サインでサイン出現銘柄を確認!
 
(2013/2/13収録)
play

ゴールデンチャート全銘柄週足集「実践システム投資」
 
(2013/2/12収録)
play

【OPTICAST】最新の好パフォーマンス銘柄の成績を確認
 
(2013/1/28収録)
play

【GC OPTICAST】最適化売買サインの直近のパフォーマンスを確認
(2013/1/21収録)
play

【ゴールデンチャート】最適化売買サインで商社株を見る
 
(2013/1/15収録)
play

Kindleで株式投資! GC OPTICASTのチャートを見てみよう
 
(2012/12/25収録)
play

GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜 全機能のご紹介
 
(2012/12/17収録)
play

【GC OPTICAST】10/1と12/10の好パフォーマンス銘柄リストを比較
(2012/12/11収録)
play

【ゴールデンチャート社】シグナルチャートと最適化売買サインの違い
(2012/11/19収録)
play

【ゴールデンチャート】私はどのサービス(GC製品)を選べばいいでしょうか
(2012/11/5収録)
play

iPad miniでも、GC OPTICASTとゴールデンチャート誌の電子書籍が見える
(2012/11/2収録)
play

【ゴールデンチャート社/売買サイン】私の分析結果と点灯サインが違う
(2012/10/22収録)
play

ゴールデンチャート社の各サービスで売買サインを確認
 
(2012/10/15収録)
play

解りやすく!GC HELLOのシグナルチャートを機能改善
 
(2012/10/9収録)
play

【売買サイン新機能】ゴールデン・チャート社は、ここまで公開します!
(2012/10/1収録)
play

【HELLO,OPTICAST】12年10月 売買サイン新機能リリース
 
(2012/9/24収録)
 

株式投資は継続的に行うものです。そこで、GC社では「最適化売買サイン」を用いて、実際の投資に合ったサービスをスタートします。2012年10月1日からです。

(2012/9/28更新)
 

新しくリリースした「シグナルチャート」の見方についてご説明しましょう。 今回からルールが少し変わり、より使いやすくなりました。
 

(2012/10/5更新)
 

投資の教科書で学んだ理論が通用しない――。 まさに今の相場がこれに該当します。では、私たちは、何を頼りに投資すべきなのでしょうか。「株価の動きは株価に聞く」、それが答えです。

(2012/10/12更新)

私たち投資家は、目先の株価に集中しすぎるあまりに、「木を見て森を見ず」ということがあります。木を見ることは大切ですが、時には森も意識しないといけません。
 
 

(2012/10/19更新)
 

投資は一生涯行うことができます。しかし、忙しいからといって分析をおろそかにすると売買タイミングを逃がしてしまい、結果的にパフォーマンスにも影響を及ぼします。忙しい人こそ、ライフスタイルに合った投資ツールを選ぶことが大切です。

(2012/10/26更新)
 

最適化売買サインで投資する時には、「最適化した周期に良く合う銘柄を探していただきたい」と私たちはご説明しています。どのような視点で見つけていけばいいのでしょうか。
 
 

(2012/11/2更新)

「私が見る指標は売りと言っているのに最適化売買サインは買いと言う……」このようなご質問をよくいただきます。どのように解釈すればいいのでしょうか。
 

(2012/11/9更新)
 

最適化売買サインはゴールデン・チャート社オリジナルの 売買サインですが、どこにアクセスすれば見ることができるのでしょうか。
 
 

(2012/11/16更新)
 

ゴールデン・チャート社には、最適化売買サインをご提供するサービスが複数あります。今回は、それぞれのサービスの特徴を解説します。
 
 

(2012/11/22更新)

チャート誌は、週末までの株価のデータをもとに、最新の売買サインを掲載して印刷します。そして、 投資家の皆様が週末の間に分析できるように全国に発送します。
 
 

(2012/11/30更新)
 

ゴールデン・チャート社の株価分析ソフト「GC HELLO TREND MASTER®」は、なんと「MS-DOS」の時代からある商品です。そして、その時々に合った機能を随時追加してきました。最適化売買サインもそのような機能の1つです。

(2012/12/7更新)
 

「私はいろいろとやることがあるから、簡単にどこでも投資できるものが欲しい」というご要望にお応えできるもの、それこそが「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」です。
 
 

(2012/12/14更新)

投資サービスといえば、時には押し付けがましい営業もありますが、ゴールデン・チャート社は、お客様を第一に考え、必要な投資ツールをご提案いたします。
 

(2012/12/21更新)
 

今回は「とにかく簡単に投資したい」、「忙しくて分析している暇はない」という方に適した、ゴールデン・チャート社のサービスをご紹介します。
 
 

(2012/12/28更新)
 

ゴールデン・チャート社のサービスがあれば、「私だけの売買サインを作りたい!」という希望を満たすこともできます。チャート上に、あなただけの「B(買い)」「S(売り)」サインを表示してみませんか。

(2013/1/4更新)

今、弊社には「タブレットで使える分析ソフトはありませんか?」といったお問い合わせが入るようになりました。投資家の皆様の中には、ハードから投資ツールを選ばれる方が増えてきたのです。

(2013/1/11更新)
 

「自分で分析した結果に基いて売買を行い、利益を手に入れる――」これほど喜ばしいことはありません。しかし、ここに辿りつくには、長い道のりを乗り越えなければなりません。
 

(2013/1/18更新)
 

最適化売買サインを使う上でも、投資資金の構え方については、 常に考えておく必要があります。
 
 
 

(2013/1/25更新)

日常生活では、みんなと同じ行動をすると安心し、場合によっては安全な生活を送ったりすることができるものですが、投資の世界では「私だけ」にこだわることが、とても大切なのです。株価の成り立ちから考えれば、一目瞭然です。

(2013/2/1更新)
 

投資家とは孤独なものです。しかし、孤独だからこそあなただけの戦略を貫くことができるのです。不安な時は、最適化売買サインをご覧ください。あなたをそっとサポートします。
 
 

(2013/2/8更新)
 

「システム投資」といえば、パソコンなどの機器を用いなければできないものと思われるかもしれません。しかし、ゴールデン・チャート社のサービスを活用すれば「本」でも十分にシステム投資を行うことができます。
 

(2013/2/15更新)

私たちは、タブレットやスマートフォンを使う時と、パソコンを使う時とでは、無意識のうちに対応が変わっています。今回は「投資」をテーマに考えてみましょう。
 

(2013/2/22更新)
 

ゴールデン・チャート社は、チャート誌のお客様にもシステム投資ができるように、データの分析に力を入れています。難しい仕組みは抜きにして、効率的に「システム投資」を行いませんか。
 

(2013/3/1更新)
 

私たちは相場を見ていて、その動きに一喜一憂してしまいがちです。しかし、何事もそうですが、イライラしていては成功するものではありません。心に余裕を持って相場に臨むために、売買サインを活用するのも一法でしょう。

(2013/3/8更新)

ゴールデン・チャート社では、最適化売買サインに磨きをかけ、常に最高のパフォーマンスを追求すべく研究を続けています。なぜならば、最適化売買サインが「投資手法の一つ」であると私たちは考えるからです。
 

(2013/3/15更新)
 

ゴールデン・チャート社では、毎日、最適化売買サインの検証を行っています。検証を行っている内に、ルールを改善することでパフォーマンスの向上が見込めるというデータが収集できます。その結果として、私たちは必要に応じてルールの見直しを行います。

(2013/3/22更新)
 

最適化売買サインは、株価の動きにより合ったサインを出すために、年に2回(4月、10月)周期の見直しを行います。
 
 
 

(2013/3/29更新)

投資の世界にもルールがあります。「デイトレードの1回の売買で資産を何倍にもするぞ!」といっても、それはまず成立しないでしょう。それ相応の手法が求められます。では「最適化売買サイン」は、どういう考え方で用いればいいのでしょうか。

(2013/4/5更新)
 

巷に「株価チャート」はたくさんありますが、その中には「テクニカル分析に適さないチャート」があることをご存知でしょうか。私たちは「株価チャート」にこだわってきたからこそ「最適化売買サイン」を生みだし、パフォーマンスを追及することができるのです。

(2013/4/12更新)
   
Copyright © 2012-2015 Golden Chart Co., Ltd. All Rights Reserved.