私たち投資家を取り巻く環境は、バブル当時と比較すると大きく変わりました。当時は、証券会社に電話をかけて注文しました。手数料も高かったものです。それに比べて今は、インターネットを経由して、誰とも話すことなく注文することができます。 続きはこちら

投資で暮らそう   GC HELLO TREND MASTER

私たち日本人は、日本経済、そして日本企業の発展を望みます。しかし、その希望と現実を比較すると、かい離しています。
 
 

(2011/11/25更新)

「企業は継続して成長するものである」という発想が、私たち投資家の根底にある考えです。しかし、今の時代をじっとみて本当にそう思われますか。時には矛盾を感じることがありませんか?
 

(2011/12/2更新)

ファンダメンタルズ分析を中心に行って来た人にとって、「本当に、企業を分析せずに株価の動きだけで成績を出すことができるのだろうか?」と感じられるかもしれません。しかし、実はテクニカル分析には、長い歴史があるのです。

(2011/12/9更新)

私たち人間には「感情」があります。実は、この感情が、売買の判断を鈍らせます。「心を鬼に」と意思を強く持ったとしても、資産が増減しているのですから、すぐに感情的になりがちです。それでは、どうすればいいのでしょうか。  
 

(2011/12/16更新)

テクニカル分析の有力な指標として、弊社では「GCV」を独自に開発しました。この指標は、弊社がご提供するチャートには、必ず表示してありますが、他社のチャートには掲載されていません。
 

(2011/12/22更新)

投資の世界では、プロ集団の機関投資家と私たち個人投資家が同じ「市場」で戦わなければなりません。そこに情報格差があるのは事実です。しかし、唯一格差のない情報もあります。
 
 

(2011/12/30更新)

「業績が良ければ株価が上がる」という理論を学んだ上で私たち投資家は相場に臨んでいます。しかし、実際の相場では、必ずしもそうとは限りません。業績が良くても株価が下がることはあります。私たちは何を信じで行動すればいいのでしょうか。

(2012/1/6更新)

「高値掴みをしてしまった」という経験は、どなたにでも一度はあるものです。どんな時に高値掴みをしてしまうのか、高値掴みをしないためには、どのような行動が必要なのでしょうか。
 
 

(2012/1/13更新)

「システムが売買タイミングを判断するのだから最高値・最安値を教えてくれるに違いない」と思われるかもしれませんが、それは違います。システムが出すサインの特徴を知った上で、上手に付き合う方法を解説します。
 

(2012/1/20更新)

「今日も残業で株価分析をする時間がなかった……」と、後悔する日々を送ってはいないでしょうか。ゴールデン・チャート社の投資ツールが忙しいサラリーマンをサポートします。
 

(2012/1/27更新)

将来が不安な今、投資は一時的なものではなく、継続して行わなければならないものとなりました。長く投資を続けるには、どのようにすればいいのでしょうか。
 

(2012/2/3更新)

最適化売買サインを用いて投資を行う場合、サインの確認だけで売買することは可能ですが、それだけで良いわけではありません。時間に余裕がある時にぜひ行っておきたいことをご紹介しましょう。

(2012/2/10更新)

良い銘柄を見つけた時、たまたま手元に資金があると、「今ちょっとお金があるから、これを使ってしまえ!」と安易な気持ちで投資をした経験はありませんか。しかし、こんな考え方で本当に良いのでしょうか。

(2012/2/17更新)

ゴールデン・チャート社には、お客様の投資ライフにあわせて、様々な分析ソフトをご用意しています。30年以上の歴史を誇る弊社だからこそできる商品のラインナップです。
 

(2012/2/24更新)

売買サインをいくら最適化しても、合わない銘柄はあるのです。私たちゴールデン・チャート社は、それらを包み隠さずに「これは合いません」という形でご提示しています。では、どのようにチェックすればいいのでしょうか。

(2012/3/2更新)

投資戦略なしに投資を行ってはいけません。例えば、短期投資、中長期投資など予め決めた上で相場に臨まなければなりません。最適化売買サインで投資する時の戦略とは、どのようなものなのでしょうか。

(2012/3/9更新)

「あ、この銘柄いいな!株価もよくあがっているし、買ってみたい!」と衝動的に投資することがあります。しかし、こんな時に限って高値づかみだったりするものです。このような結果を避けるには、どうしたらいいのでしょうか。

(2012/3/16更新)

ゴールデン・チャート社の「最適化売買サイン」は、テクニカル指標の特徴を詳細に分析し、その情報を投資家の皆様にご提供しています。30年以上分析ノウハウを蓄えてきた弊社だからこそのこだわりがそこにはあります。

(2012/3/23更新)

テクニカル分析で売買タイミングを捉える「最適化売買サイン」は、すべての銘柄に合うわけではありません。その特徴を知った上で、お気に入り銘柄を分析するポイントを学習しましょう。
 

(2012/3/30更新)

最適化売買サインの日足チャート、週足チャートをそれぞれ見ると、同じ銘柄にも関わらず売買サインの点灯するタイミングが違います。どのように2つのサインを使っていけばいいのでしょうか。

(2012/4/6更新)

「私のお気に入り銘柄を最適化売買サインで投資したい。でも、売買タイミングが合わないようで……」という場面に出会うこともあります。こんな時、どのようにすればいいのでしょうか。
 

(2012/4/13更新)

「最適化売買サイン」といえば、売買のタイミングを捉えるのに役立つサインです。しかし、売買サインが示すものはそれだけではありません。実は、相場の流れも読むことができるのです。
 

(2012/4/20更新)

「信用取引は不安だ」と感じられる方が今なおいらっしゃいます。しかし、最適化売買サインは、「ドテン売買」を原則としています。それはどうしてでしょうか。
 

(2012/4/27更新)

最適化売買サインの周期は年に2回見直しをします。どのような考え方のもとに行われているのでしょうか。
 
 
 

(2012/5/2更新)

最適化売買サインに合わない銘柄のチャートには、GCVを基本周期で描画します。そのような銘柄は独自に周期を変えてあなただけのサインを作ってみてはいかがでしょうか。
 

(2012/5/11更新)

「企業の業績が良ければ株価は上がる――」私たちは、このように教えられてきましたが、実際の相場を見ると、必ずしもそうとは限りません。どうしてでしょうか。
 

(2012/5/18更新)

「好決算銘柄なのにどんどん売られてしまう……」ということがありませんか。つまり、発表された決算の内容だけを見て売買タイミングを捉えるのは難しいのです。そんな時「テクニカル分析」がお役に立ちます。

(2012/5/25更新)

株価チャートは、投資の道具として無くてはならぬ存在です。無料のものから、当社の提供する有料チャートまで様々です。ではチャート専門業者のチャートとは、一体どのようなものでしょうか?
 

(2012/6/1更新)

時代と共に、私たちのライフスタイルは変わります。投資の世界でも、例えば、発注方法が大きく変わりました。分析手法も時代に沿って変わっていかねばなりません。今この時代に最適な分析手法を、ゴールデン・チャート社はご提供します。

(2012/6/8更新)

最適化売買サインを用いて売買した結果は、誰もが気になります。「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」では、常に最新のパフォーマンスを公開しています。
 
 

(2012/6/15更新)

チャートは、何もローソク足を1本1本分析するのに使うだけではありません。チャート全体の姿かたちを眺めるのも大切なことです。ゴールデン・チャート社の製品は、そのようなニーズにも使い易いように設計されています。
 

(2012/6/22更新)

世界には、様々な株価チャートがあります。その中でローソク足は、日本から世界に広まった文化といえましょう。長い間にわたり、投資家の方々に鍛えられてきた歴史あるチャートについて、あらためて考えてみましょう。
 

(2012/6/29更新)

テクニカル指標の周期は固定されたものというのが、投資の世界での今までの考え方ではないでしょうか。しかし、私たちゴールデン・チャート社は、GCVの周期を銘柄ごとに変えました。どうしてでしょうか。その理由を解説します。
 

(2012/7/6更新)

私たちが知りたいのは、明日の株価の動きなのに、ゴールデン・チャート社のソフトは、どうして過去のチャートの描画にこだわるのでしょうか。
 
 

(2012/7/13更新)

ゴールデン・チャート社が提供する株価分析情報は、本、パソコン、タブレット、スマートフォンなどでご覧いただくことができます。あなたに合った分析ツールをハード面から探してみませんか。
 

(2012/7/20更新)

私たち投資家は、どうして株価分析ツールを使うのでしょうか。どんなツールを使って投資をしたいのでしょうか。GCプロダクツの中から、ご自分の投資スタイルに合った製品を見つけてください。

(2012/7/27更新)

ゴールデン・チャート社の各種製品は、ただチャートを閲覧するだけのものではありません。様々な条件で分析した結果をご提示したり、投資家の皆様がご自身で分析できるツールをご提供しています。

(2012/8/3更新)

相場の流れには、時としてテクニカル分析だけでは説明できない場合があります。それは「配当取り」や「テーマ」などに関連するものです。もちろんこのような情報も重要と考えて、積極的にご提供しています。

(2012/8/10更新)

私たちは売買の結果だけを見て、つい「当たった」「はずれた」と言ってしまいます。しかし、売買結果をまるでくじ引きのように「当たり」「はずれ」と判断してもいいのでしょうか。「はずれ」には実は深い意味があるのです。

(2012/8/17更新)

あなたが「今、投資して儲けたい!」と思っても、そんなに都合よく儲けることなんてできません。投資で大切なことの1つは「待つこと」なのです。
 

(2012/8/24更新)

「なるべく現物買いだけで投資したい」とお考えの方がたくさんいらっしゃるのは事実です。しかし今の時代、その選択肢は1つで本当にいいのでしょうか。
 

(2012/8/31更新)

最適化売買サインの点灯銘柄の数は、買いサイン・売りサインともに同じではありません。相場の動きによっては、その比率も大きく変わります。
 

(2012/9/7更新)

私たちは、上昇トレンドが続くことを株式市場に望みますが、なかなか叶わないものです。だからこそ「今、これなら取れる」という戦略を何か一つ身につけておく必要があるでしょう。
 

(2012/9/14更新)

「投資家」という視点でバブル当時と今を比較すると、株価の動きはもちろん、売買の環境や個人投資家が使える投資手法など、大きく変わってきています。時々、立ち止まって現状を確認することも大切でしょう。

(2012/9/21更新)


△ページの先頭へ