週刊ゴールデンチャート 1853号(10/17発行)掲載



※○は上方修正、●は下方修正

2015/10/09 1377 東1 サカタのタネ ○16/5通期の純利益は従来の41→42億円予想に増額修正。上期の収益性の高い種子売上の増収効果などが背景。
2015/10/14 1384 東2 ホクリヨウ ●16/8期の低調な業績予想を発表。営業益は前年同期比8.4%減の9.5億円と小幅減益見込む。高騰した鶏卵相場の反動安を想定。
2015/10/13 1419 東1 タマホーム ●15年6−8月期の営業損失は28.8億円と前年同期の18.3億円から赤字幅が拡大。主力の住宅事業で引渡棟数が減少した。
2015/10/13 1878 東1 大東建託 ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来461→591億円予想に増額。完成工事高の増加や完成工事総利益率の改善などが背景。
2015/10/13 1926 東1 ライト工業 ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来18→33億円予想に増額。受注高の増加に加え、売上高総利益率が改善した。
2015/10/15 2127 東1 日本M&A ○15/9中間期の純利益は従来の19.1→24.1億円予想に増額修正。案件成約数が大幅に増加。案件受託状況も好調を維持。
2015/10/14 2337 Jス いちごグループ ○15/8中間期の好決算を発表。営業益は前年同期比57.3%増の49.1億円と大幅増益に。なお、既に中間・通期予想は上方修正済み。
2015/10/09 2337 Jス いちごグループ ○16/2通期見通しを上方修正。営業益は従来117→140億円予想に増額。ホテル9物件の売却による譲渡益の計上などを見込む。
2015/10/09 2462 東1 ジェイコムHD ○16/5通期見通しを上方修正。最終益は従来4.5→16.5億円予想に大幅増額。携帯電話業界向けで受注が拡大した。特益計上も。
2015/10/13 2726 東1 パル ●16/2通期見通しを下方修正。営業益は従来87.7→80.8億円予想に減額。円安進行によるコストアップや一部ブランドの不振が影響。
2015/10/13 2769 Jス VVC ●15年6−8月期の営業益は前年同期比59.4%減の5000万円と大幅減益で着地。チチカカにおいて為替の影響で利益率が低下した。
2015/10/13 2798 東2 ワイズテーブル ●16/2通期の純利益は従来の1.48→0.78億円予想に減額修正。カジュアル店舗の閉鎖損失等として特損を計上。
2015/10/09 3057 名セ ゼットン ●16/2通期の純損益は従来の1.8億円の黒字から2.45億円の赤字予想に下方修正。ビアガーデン等が悪天候で売り上げ不振。
2015/10/14 3087 東1 ドトール日レス ●15/8中間期の営業益は前年同期比3.9%減の51.9億円で、従来計画の56.0億円に届かず。円安による原価高騰で粗利が減少。
2015/10/15 3141 東1 ウエルシアHD ○16/2期の純利益は従来の90→103億円予想に増額。CFSコーポレーションの子会社化で6カ月分の業績が上乗せに。
2015/10/09 3181 Jス 買取王国 ●15/8中間期の純利益は従来の6400→2600万円予想に減額修正。出退店関連経費が増加したことが主な背景に。
2015/10/14 3236 Jス プロパスト ○15年6−8月期の好決算を発表。営業益は前年同期比2.3倍の2.9億円と大幅増益で着地。ビルの売却などで売上高が増加した。
2015/10/09 3244 Jス サムティ ○15/11期の純利益は37→44億円予想に増額。来期予定の物件が当期に売却。固定資産譲渡に伴う固定資産売却益の発生も。
2015/10/13 3275 Jス ハウスコム ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来0.6→1.9億円予想に増額。リフォーム事業の開始による営業収益の増加などが背景。
2015/10/09 3315 東1 日本コークス ●16/3期の純利益は従来の27→15億円予想に減額。コークス販売が国内高炉メーカー向け回復遅れる。原料炭価格下落も響く。
2015/10/14 3387 東1 クリエイトRH ○16/2通期見通しを上方修正。営業益は従来の61→66億円予想に増額。既存店の好調に加え、原価が想定内で推移し利益貢献に。
2015/10/09 3454 東マ Fブラザーズ ○15/11通期の純利益は従来の12.49→16.0億円予想に増額。予定外の不動産投資案件の売却が発生したことが主な背景。
2015/10/13 3635 東1 コーエーテクモ ○15/9中間期の純利益は従来の22→35億円予想に増額修正。DL販売など利益率高い分野が好調。コスト低減効果も。
2015/10/15 3823 東マ アクロディア ○16/8期の単独営業損益は0.29億円の黒字(前期は6.13億円の赤字)を目指す。コンテンツサービスの拡充で事業規模拡大を図る
2015/10/15 4031 東1 片倉コープアグ ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来1.3→2.2億円予想に増額。原価圧縮や経費削減効果などが発現した。
2015/10/15 4208 東1 宇部興産 ○16/3期の純利益は従来の170→210億円予想に増額修正。ナイロン原料の市況改善や、燃料価格の低下などが背景。
2015/10/09 4368 Jス 扶桑化学工業 ○16/3通期の純利益は従来の37.5→43.0億円予想に増額修正。ライフサイエンス事業で、気温が高めに推移し需要増に。
2015/10/13 4714 東1 リソー教育 ○16/2通期の純利益は従来の7.0→11.0億円予想に増額。前期の不採算教室の統廃合や、人件費等の経費節減などが奏功。
2015/10/13 4733 東1 OBC ○16/3通期の純利益は従来の69.5→78.0億円予想に増額。マイナンバー製造の実務に対応した製品への需要が高まる。
2015/10/15 4813 東マ ACCESS ●16/1通期見通しを下方修正。最終損失は従来4.8→20.8億円予想と赤字幅が拡大。固定資産の減損処理などで特別損失が発生した。
2015/10/13 5210 東1 日本山村硝子 ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来4.0→7.0億円予想に増額。ガラスびんカンパニーの販売量が増加した。
2015/10/14 6086 東マ シンプロメンテ ○15/8中間期の好決算を発表。営業益は前年同期比99.0%増の1.4億円とほぼ倍増に。緊急メンテナンスサービスが好調。
2015/10/09 6104 東1 東芝機械 ●16/3通期見通しを下方修正。営業益は従来62.0→32.0億円予想に減額。中国や東南アジア諸国の経済減速などが響く。
2015/10/13 6257 Jス 藤商事 ●16/3通期見通しを下方修正。営業益は従来65.0→40.0億円予想に減額。8月投入の新機種が低調で、販売台数が伸び悩んだ。
2015/10/09 6432 東1 竹内製作所 ○16/3通期見通しを上方修正。欧米での販売増加を見込み、営業益は従来125→145億円予想に増額。一方で市場予想には届かない。
2015/10/15 6719 東2 富士通コンポ ○15/9中間期見通しを上方修正。営業益は従来1.5→2.4億円予想に増額。円安効果や中国子会社移転に伴う特益計上などが寄与。
2015/10/14 7219 Jス HKS ○15/8通期の純利益は従来の1.3→2.28億円予想に増額。下半期に入って国内アフターパーツやCNG事業の売上高が復調。
2015/10/14 7581 東1 サイゼリヤ ○16/8期の堅調な見通しを発表。営業益は前期比11.8%増の84億円と2ケタ増を見込む。一方で、市場予想の91.2億円には届かない。
2015/10/13 7600 東1 日本MDM ○16/3通期見通しを上方修正。営業益は従来14→16億円予想に増額。医療工具の運用改善などで減価償却費が想定以下に。
2015/10/14 7608 東1 SKジャパン ●16/2通期の純利益は従来の7800→7400万円予想に減額。前期にヒットしたゲーム・コミック関連商品が落ち込む。
2015/10/14 7615 東1 京都きもの友禅 ●16/3期の純利益は従来の10.37→1.04億円予想に減額修正。売上高が引き続き低下傾向で推移。利益額の低下も想定。
2015/10/13 8190 名2 ヤマナカ ●16/3期の純利益は従来の6.0→5.3億円予想に減額。店舗改装に伴う除却損発生や子会社保有の不動産の減損処理等が背景。
2015/10/09 8200 東1 リンガーハット ○15/8中間期の好決算を発表。営業益は前年同期比83.3%増の12.7億円で従来予想9.5億円を上ブレ。中間配当は9円に増配。
2015/10/15 8285 東1 三谷産業 ○15/9中間期の純利益は従来の1.3→2.47億円予想に増額修正。売上総利益率の改善や経費削減、法人税の減少などが背景。
2015/10/15 8904 東1 サンヨー名古屋 ○16/8期の堅調な業績予想を発表。営業益は前期比26.9%増の19.4億円と大幅増益に。戸建住宅事業を中心に既存事業を強化。
2015/10/13 9602 東1 東宝 ○16/2通期の最終益を従来211→230億円予想に上方修正。「バケモノの子」など自社制作映画が好調で収益を押し上げた。
2015/10/09 9644 Jス タナベ経営 ○15/9中間期の純利益は従来の2.1→3.15億円予想に増額。チームコンサルティング型経営協力などが順調に伸長。
2015/10/13 9736 Jス 白青舎 ○15/9中間期の純利益は従来の7000→8200万円予想に増額。大型設備機器更新工事受注や、原価低減策などが奏功。
2015/10/15 9906 Jス 藤井産業 ○16/3期の純利益は従来の17→20億円予想に増額。電設資材関連の売り上げが伸長。設備システムも好調に推移。増配。
2015/10/14 9978 Jス 文教堂GHD ●15/8通期の最終損益予想を従来0.30億円の黒字→5.53億円の赤字転落に下方修正。既存店の売上高が減少したほかコスト増も。

Topへ